Category

社長日記

起業してから1年が過ぎ去っていました。

気がつけば12月で、2018年はもう終わり、平成までもが終わるということに気が付きました。 上京してからというもの、関西で働いていた感覚は失われ、考え方さえも失われた気がします。 周りを見れば、評論を繰り返し、コミュニティという名の小さな人の集まりで、互いを褒め合う場ばかり。大阪を中心に働いていたころを思い返せば、一年でこうも周りにいる人や場所が変わるのかという気持ち。 これがいいことなのか、悪いことなのか、もしくは、そのレイヤーで語ることではないのか、それは自分にはわからない。しかし、確実に環境は変わり、目の前に落ちているものも変わる。それを拾える自分か、そうでないかも、変えていかねばならない。今は後者であろう。エンジニアとしての才能も、音楽家としての才能も、文才も無く、凡人であるということはよくわかっている。しかし、頭をしっかり使っていきていきたいなぁと思う次第。ブロックチェーンや、VTuberや、これらはすごく魅了的で、しっかり技術の面で、プラットフォームや場所を提供していきたい気持ちもある。これからもいままで通り模索していきたい